農作物共済

対象作物は米・麦です。米・麦の耕作面積の合計が10アール以上の農業者が加入できます。


 
 

対象となる災害



「風水害、干害、冷害、雪害その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による 災害、火災、病虫害及び鳥獣害」です。



 

補償期間



水稲 本田移植期(直播栽培の場合は発芽期)から収穫するまで。
麦  発芽期から収穫するまで。
※この場合の収穫とは、適期に刈り取って(圃場内での掛け干しの場合は適期に脱穀し)圃場から搬出することです。



 

加入方式



全相殺方式
半相殺方式
地域インデックス方式
災害収入共済方式(品質方式)
一筆方式


 

補償内容


引受方式 内容 補償割合
全相殺方式 農家ごとに引受け、共済事故によって、農家ごとの収穫量が基準収穫量に補償割合を乗じて得た数量を下回ったときに共済金を支払う方式です。 9割、8割、7割
半相殺方式 農家ごとに引受け、共済事故によって、農家の耕地ごとの収穫量(ただし増収分は除く)が基準収穫量に補償割合を乗じて得た数量を下回ったときに共済金を支払う方式です。 8割、7割、6割
地域
インデックス 方式
農家及び統計単位地域ごとに引受け、共済事故が発生した場合、その年産の統計単収を基に算出した収穫量が、基準収穫量に補償割合を乗じて得た数量を下回ったときに共済金を支払う方式です 9割、8割、7割
災害収入
(品質) 方式
農家ごとに引受け、共済事故によって、品質を加味した収穫量および生産金額が、過去の出荷実績をもとに算定した基準の補償割合を下回ったときに共済金を支払う方式です。 9割、8割、7割
一筆方式 耕地ごとに引受け、共済事故によって、耕地ごとの収穫量が、その耕地の基準収穫量に補償割合を乗じて得た数量を下回ったときに共済金を支払う方式です。 ※最長で平成33年産までで廃止となります。(廃止時期未定) 7割、6割、5割


※補償割合は、加入者が加入申込の際に選択できます。



特例

一筆全損特例 全損耕地につき、耕地別基準収穫量に相当する数量を減収量とみなして共済金を支払う一筆方式以外の引受方式に付帯された共済金支払の特例です。
一筆半損特約 一筆方式の廃止に伴い、加入者が円滑に他の加入方式へ移行できるよう、農作物共済に「一筆半損特約(選択加入)」が新設されました。
この特約は、農作物共済の一筆方式以外の方式に付加でき、耕地別の収穫量が基準収穫量の50%以上減少した圃場について、実測等を要さずに20%以内の共済金を支払う仕組みです。



 

加入要件


水稲・麦の耕作面積の合計が10アール以上である者。



■全相殺方式

類区分ごとに、その者が耕作する農作物に係る収穫量が、乾燥調製施設における計量結果(麦にあっては、乾燥調製施設における計量結果又は売渡数量)の調査又は青色申告書(農業保険法施行規則第87条第3項の青色申告書をいう。)及びその関係書類により適正に確認できる者。



■災害収入共済(品質)方式

類区分ごとに、その者が耕作する農作物に係る収穫物のおおむね全量を原則として 過去5年間において農業保険法第133条第1項の規定による資料の提供につき協力が 得られる者に出荷しており、かつ、今後も当該収穫物のおおむね全量を当該資料の提供につき協力が得られる者に出荷することが確実であると見込まれる者又は農作物に係る収穫物及び品質が青色申告書及びその関係書類により適正に確認できる者。



(注)青色申告書及びその関係書類を用いて全相殺方式、災害収入共済方式を選択する 申込者は、次の書類の提出が必要となります。

ア:個人の場合

(ア)又は(イ)のいずれかの書類

(ア)
農産物受払帳(農産物を収穫したときに、その年月日、農産物の種類、数量等を記載し、販売、自家消費等があったときに、その取引年月日、取引先、農産物の種類、数量、金額等を記載する帳簿をいう。)

(イ)

(販売金額等の品目別内訳書(共済の様式)、所得税青色申告決算書(農業所得用)の損益計算書及び収入金額の内訳の写し並びに所得税の確定申告書(第一表)の写し

 

イ:法人の場合

販売金額等の品目別内訳書(共済の様式)、損益計算書、法人税確定申告書別表一(一)及び別表四)の写し

 

 

共済金額(補償額)

 

1.全相殺方式、半相殺方式、地域インデックス方式及び一筆方式
共済金額=基準収穫量×補償割合×単位当たり共済金額


2.品質方式及び災害収入共済方式
申込者ごと及び類区分ごとに、基準生産金額の40%以上、共済限度額以下の金額の 範囲内で申込者が申し出た金額

 

※単位当たり共済金額

類区分ごとに農林水産大臣が定めるキログラム当たり共済金額のうちから申込者が申し出たもの。

 

 

共済掛金

 

『 共済掛金の額 = 共済金額 × 共済掛金率 』により算出されます。 共済掛金率は、過去20年間の被害率をもとに毎年見直されます。 共済掛金は国が一部を負担しますので、実際に農家が負担する掛金は、水稲は50%、 麦は掛金率3%までが50%、3%以上部分が45%になります。

 

 

共済金の支払額

 

■全相殺方式

共済金の支払額は、類区分ごと及び組合員等ごとに、次のとおり算出します
『共済金=共済減収量×単位当たり共済金額』
※共済減収量=減収量-支払開始減収量
減収量=基準収穫量-当年産の収穫量
支払開始減収量=基準収穫量×支払開始損害割合

 

■半相殺方式

共済金の支払額は、類区分ごと及び組合員等ごとに、次のとおり算出します。
『共済金=共済減収量×単位当たり共済金額』
※共済減収量=減収量-支払開始減収量
減収量=耕地ごとの減収量の合計
耕地ごとの減収量=耕地別基準収穫量-耕地の収穫量
支払開始減収量=基準収穫量×支払開始損害割合

 

■地域インデックス方式

共済金の支払額は、類区分ごと、組合員等ごと及び統計単位地域ごとに、次のとおり算出します。
『共済金=共済減収量×単位当たり共済金額』
※共済減収量=減収量-支払開始減収量
減収量=(基準単収-当年産の統計単収)×引受面積
支払開始減収量=基準単収×引受面積×支払開始損害割合

 

■品質方式及び災害収入共済方式

共済金の支払額は、類区分ごと及び組合員等ごとに、次のとおり算出します。
『共済金=(共済限度額-当年産の生産金額)×共済金額/共済限度額』
※当年産の生産金額=Σ(組合員等の品種別及び出荷規格別の収穫量×品種別及び 出荷規格別のキログラム当たり単価)
共済限度額=基準生産金額×共済限度額割合(90%・80%・70%より選択)

 

■一筆方式

共済金の支払額は、類区分ごと及び耕地ごとに、次のとおり算出します。
『共済金=共済減収量×単位当たり共済金額』
※共済減収量=減収量-支払開始減収量
減収量=耕地別基準収穫量-耕地の収穫量
支払開始減収量=耕地別基準収穫量×支払開始損害割合

 

※支払開始損害割合

引受方式 補償割合 支払開始損害割合
全相殺方式
地域インデックス方式
90%
80%
70%
10%
20%
30%
半相殺方式 80%
70%
60%
20%
30%
40%
一筆方式 70%
60%
50%
30%
40%
50%
セキュリティーポリシー
個人情報保護方針
コンプライアンス
お問い合わせ
プレゼント応募

NOSAIおおいた大分県農業共済組合
〒870-0822 大分県大分市大道町3丁目1番1号
✉hp@nosai-oita.jp
地図 メール 電話番号

Copyright © NOSAI OITA All Rights Reserved.